あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症の改善に必要な『自信』とは、どのようにして身につけるか

 

質問

あがり症の改善に必要な『自信』って、どのようにして身につければいいの?

 

答え

自信は『自分を信じる』と書きます。つまり、今すぐにでも誰にでも自信を身につけられます。しかしその為に必要なのは、『過信』との違いを知ることです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

自信と過信。頑固と頑迷。それぞれ言葉の意味は微妙に違っていて、そしてその『微妙』が極めて重要なんだ!一緒に考えよう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自分に自信がない、というとき、人は間違いなく『長所』ではなく『短所』を見ていることになる。つまり、その見ている目線の先を短所から長所に変えれば、自信を喪失する暇などなくなってくるわけである。

 

よく、『あの人は頑固なのが玉に瑕だ』というが、それは裏を返せば、『あの人は意志が強い人だ』と褒めているのと同じなのである。また、言葉の使い方も甘い。

『頑固でなくては何も成し遂げることなど出来ない。陥ってはならないのは頑固ではなく、頑迷である。』

 

あがり症対策

 

と言えなければ、言葉を使いこなしていることにはならない。

 

普通、言葉を使いこなせない子供や赤ちゃんの言うことを、いちいち鵜呑みにするだろうか。つまり、自分の意見も含めて人の意見など最初からあまりあてにならないのだから、そもそもそこで決められた『長所、短所』ということも、その正確性は疑わしいのである。

 

何を期待しているのか。誰に期待しているのか。自分の心のカギを握るのは『外』ではない。『内』だということを悟る必要がある。

 

アメリカの哲学者、ウィリアム・ジェームズは言った。
『私達は幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ。』

 

ニワトリ

自信とは、『自分を信じる』と書くよ!自分のことを自分が信じなければ、誰が自分を信じてくれるのか!僕の場合は、親でさえ信じてくれない環境にあるよ!親はクリスチャンで、僕がそうじゃないことも関係してるかな!

ぴよぴよ(かわいそうな親分)!

だけど、そういう環境だからこそ、(自分だけは自分を信じなくちゃ)っていう気持ちが強くなったから、逆に感謝するべきだね!

ぴよぴよ(親分が、超重要になる記事を、下記にリンクを貼ったっす)!

 

Check!!

アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。

 

 

この章のまとめ
  • 見ている目線の先を短所から長所に変えれば、自信を喪失する暇などなくなってくる。
  • 自分の心のカギを握るのは『外』ではない。『内』だということを悟る。
  •  

     

     

    関連記事

  • あがり症(SAD)の症状と原因から浮かび上がる決定的なポイントとは
  • スピーチ恐怖等のあがり症(SAD)の9つの特徴とその根幹にあるもの
  • あがり症に有効な認知行動療法(間違った認識を修正)
  • ミュージシャンやコメディアンのあがり症対策と考え方
  • あがり症と対人恐怖症。もっとも内気な国民はドイツ人と日本人
  • あがり症に有効な認知行動療法。『逃げ出さない』ということ
  • あがり症に有効な認知行動療法。『社会能力を伸ばす』ということ
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP