あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

あがり症の対策

 

 

あがり症(SAD)の症状と原因から浮かび上がる決定的なポイントとは

SADの認識は、自他ともにまだまだ少ない。これらSADの症状で『支障がある』のであれば、治療をした方がいい。だが、支障がないなら、別にする必要はない。病気というレッテルを貼るのが適切なのかはまだわからないが、もし本当に病気で片付けるべきなら、大変な問題だ。

 

 

スピーチ恐怖等のあがり症(SAD)の9つの特徴とその根幹にあるもの

人混み、電車、その全てが怖いというように、自分が注目される可能性のある場面すべてに不安を覚える。うつ病やアルコール依存症を併発することもあり、治療が長引くこともある。

 

 

あがり症に有効な認知行動療法(間違った認識を修正)

セロトニンは脳内に作用して平常心を維持させる神経伝達物質。それ自体の作用と、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスを整え、心の安定をもたらす作用がある。

 

 

あがり症の改善に必要な『自信』とは、どのようにして身につけるか

見ていることになる。つまり、その見ている目線の先を短所から長所に変えれば、自信を喪失する暇などなくなってくるわけである。

 

 

あがり症はれっきとした病気か。それとも単なる個性か。

あがり症、つまり社会不安障害(SAD)は、れっきとした病気である。だが、長い間、それは単なる個性であり、その人の性格だと思われていた。しかし、病気であるとわかった以上、何が違ってくるかというと、『治療が可能になる』ということだ。

 

 

病気だと気づかれないあがり症・うつ病・吃音症

『あがり症はれっきとした病気かそれとも単なる個性か』にも書いたように、あがり症も、うつ病、吃音症も、なかなか病気だとして認識されることがない。それゆえに、本格的な治療が出来ず、いつまでもその症状が改善されず、『個性だ』などとして誤認され、間違った現実がまかり通ってしまうことになる。

 

 

あがり症を治療しないまま大人になるとどうなるか

私の周りには、『うつ病、あがり症、吃音症』という人間がいたし、現時点でもいる。また、両親は生まれた時からクリスチャンだ。日本ではわずか1%ほどしかいないキリスト教徒。

 

 

あがり症を治療しないと他の病気を生み出す可能性も

私はまず彼を病人だと認識し、本人もそれを認知することで異常性を理解し、つまり『このままではいけない』という危機感をもたせ、あるいは治療していく覚悟を燃やさせる為にも、『お前にはこれだけの病気の可能性がある』ということを示唆した。

 

 

あがり症が引き起こす弊害。離婚率や解雇率

従って、まず、『周囲側』の意見を軸に考えるなら、これらの精神的な問題を持った人間と『一緒に居たくない』と思ったり、あるいは彼らに対する『足手まとい感』という気持ちは、私にはよくわかる。

 

 

あがり症の根本にあるもの。神を気にする欧米人。人を気にする日本人。

『あがり症の改善に必要な『自信』とは』に書いたように、あがり症の人にとって必要なのは、自信だ。自分に自信を持ち、主体性を発揮させることで、あがり症の症状はなくなる。

 

 

あがり症であっても関係ない。という心構えを持つ対策

『あがり症はれっきとした病気かそれとも単なる個性か』に書いたが、あがり症、つまり社会不安障害(SAD)は、れっきとした病気である。だが、長い間、それは単なる個性であり、その人の性格だと思われていた。

 

 

ミュージシャンやコメディアンのあがり症対策と考え方

『おや、そこの役者さん、あがり症を治したいんですって?ええ、うってつけの薬がありますとも。ついこの間、ある筋から秘密裏に手に入れた幻の薬ですよ。さあ、次の舞台までの半年間、毎日朝晩、2回この錠剤を一粒ずつ飲み続けてくださいな…。

 

 

あがり症と対人恐怖症。もっとも内気な国民はドイツ人と日本人

『あがり症の根本にあるもの。神を気にする欧米人。人を気にする日本人。』にも書いた様に、日本人には独特の思想と習性があり、それが日本独特の対人恐怖症を生んだ。

 

 

あがり症に有効な認知行動療法。『逃げ出さない』ということ

『あがり症に有効な認知行動療法(間違った認識を修正)』も書いた様に、あがり症やうつ病、吃音症や回避性人格障害等、こうした精神的な問題に極めて重要なカギとなるのは、『認知行動療法』だ。つまり、間違った考え、歪んだ考え方を、矯正するということなのである。

 

 

あがり症に有効な認知行動療法。『社会能力を伸ばす』ということ

『社会能力』というのは、我々一人一人が過去の経験において築き上げてきた他人との付き合い方(行動様式)のことで、社会能力が高い人ほど、効果的で、的確で、好感度の高いコミュニケーションができるのである。

 

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

うつ病

うつ病

うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP