あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症による話ベタを無くすためには相手(周り)の事を知っていくことが必要だ。

 

 

目次

 

  • 1:興味を持つことが信頼につながる
  • 2:知識を身につけることが緊張を減らす
  • 3:判断が冷静にできない原因
  • 4:決まり文句を言わない
  •  

     

    興味を持つことが信頼につながる

     

    『「○○なんですね。」とお客様と会った時に、話題を振ることができたらどうだろう。最初の気まずい雰囲気もうまく乗り越えられそうな気がしないだろうか。相手としてもそういやな気はしないはず。好意的に答えてくれるだろうし、下調べをしてきた営業マンに対しても、最初から好印象を持つだろう。相手をしってから合うという事は、こちらも気楽になれるのと同時に、相手からも信頼されるきっかけとなるのである。』と本に書いてある。

     

     

    相手の事を知っていくためにいろいろな方法を使って調べる、という行動をするだけで、話す話題作りになるだけでなく、相手からの信頼にもつながっていく。

     

    しかし、自分中心に考えてしまうようであれば、この、相手を調べるという行動ができず、相手が知っている、知らない、興味がある、興味がないなど関係なしに自分の思ったことを話してしまうようになる。

     

    自分という国のことを第一に考えてしまっているのであれば、その気持ちが間違い、原因で、相手とスムーズにいかない原因にもなっている。

     

    どんな場面であっても、まずは自分第一に考えてしまうことをなくし、相手のためになること、身の周りの環境がスムーズにいくためには何が必要なのか、という意識を持っていくことが周りから信頼を得ることにもつながり、自分にとってマイナスは無いことになる。

     

    この、自分の事を考えた行動をしてしまうと、結果的にマイナスになることがあり、周りの事を考えるようにすると、結果的にマイナスなことがなくなっていく。ということを忘れなければ、自分がする行動も変わっていく。

     

    焦るような場面でも自分本位にならないようにこの法則を忘れず、意識に染み付かせていくことが大事になる。

     

     

     

    知識を身につけることが緊張を減らす

     

    『とくに気が弱いタイプの人は、相手の質問に答えられないでいると、必要以上に緊張してしまうものだ。そのようなシーンを避けるためにも、しっかりと身につけておきたい。逆に、知識をもっていれば、それが自信にもつながって、案外堂々としていられるものである。』と本に書いてある。

     

     

    知っていることについて、話すことができるということは、知っていることであれば緊張しにくくなるということになる。

     

    どういうふうに伝えたり、話すことが長くなってくる場合、自分でまとめられずに、緊張感が強くなってしまう場合があるが、単純に必要情報を伝えるというふうにコンパクトに話すことを心がければ、緊張する場面は減っていくことになる。

     

    コンパクトに、簡潔に話すことができないのであれば、それに対する知識が足りないことになり、どう話せばいいのかを迷っているということになり、知識が足りないということになる。

     

    知っていると思い込んでいることが、緊張状態を生み出すことにつながってしまうので、まずは、一つ一つの物事に対して知っていると思い込まず、まだまだ知らないこと、わからないことがあると、全てのことに対してかんがえるようにし、満足してしまう気持ちを持たないようにする。

     

    満足しなければ、常に知識更新しようとする意識ができ、今よりも知らないことがなくなっていくことになるので、常にまだまだだという気持ちを忘れずにすることが必要だ。

     

     

     

    判断が冷静にできない原因

     

    『当たり前のことだが、営業というのは外に出て行う仕事だ。客先にいってから足りないものが出てきても、その場ではどうしようもない。とくに私のように気の小さい営業マンが名刺を切らしたり、としてしまうと、それだけで萎縮してしまって商談どころではなくなってしまう。あるべきものがないと、軽いパニック状態になって冷静な判断ができなくなる。普段から渡したりするものは多めに持って歩くようにしよう。急に相手の人数が増えたりした場合でも慌てずに済む。とにかく、自分が安心して仕事ができる環境づくりを心がけたい。』と本に書いてある。

     

     

    あるべきものがないとパニック状態になったり、想像していないことが起こるとパニック状態になる。

     

    この、パニック状態になるという行動は自分と全く一緒の行動パターンになっている。

     

    あるべきものが無かったり、用意することを忘れたりと、いざ、という時に焦ってしまうのは、事前に準備や確認することを忘れてしまい、この自分が安心して仕事ができる環境づくりを、という、全ては自分の責任だということを考え、過ごすことが大事になる。

     

    いざという時に、自分が安心するためのことを考えた準備が出来ていないから、スムーズにいく場面よりも、焦る割合が高いままになってしまっている。

     

    後始末=後悔、という図式を常に考えていき、自分の行動に目を向けていくようにすることが、いざという時の準備をするために必要な意識になる。

     

     

    決まり文句を言わない

     

    『相手に営業かも知れないと警戒する言葉は言わない。お世話になっています、など営業マンなら誰しも当たり前のように使っているこのセリフこそが、アポ取りの電話の足を引っ張っていたのだ。電話の第一声で断られてしまってはその先に進みようがない。相手が心を閉ざしていては、何を言っても伝わらない。それでは売れないのは明らかだ。決まり文句を言わないというのも、売れる営業マンの要素のひとつである。』と本に書いてある。

     

     

    どんな場面であっても、とりあえず決まり文句を言えば前に進むという勘違いがあると、実際にはその考えが足を引っ張り、前に進めなくなっている。

     

    営業でも、第一声を決まり文句にすると前に進まないと同じように、人生でも、同じような言葉ばかり使っていると、その場面から前に進まず、同じ場所で足踏みするという結果になってしまう。

     

    決まり文句を言わないためには、常に自分自身で考え、何が最善かということを判断していかなければできないことだ。

     

    常に前に進むことを考えていれば、新しい言葉が出るようになる、それ以外の今まで使ったことのある言葉やパターンに依存しているようであれば、足踏みか後退しているということを理解しなければ前に進めることはない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP