あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症だからといって出来ることに制限をかける必要はないが、楽な選択をしないことが重要だ。

 

 

目次

 

  • 1:自分本位を捨てること
  • 2:得意分野を伸ばす
  • 3:自意識過剰が人目を気にする原因
  •  

     

    自分本位を捨てること

     

    『営業が一番頑張るべきことは目の前の人にその場で売ることではない。近い将来買ってもらうために、そして誰かを紹介してもらうために労力を使うべきなのだ。そのために必要なことは、お客様から信頼される営業マンになること。根性を入れてとりかかるのは、どうやって信頼されるかに向けてである。頑張るところを間違えないようにしたい。』と本に書いてある。

     

     

    自分の思い込みや、いいと思ったことを押し付けるようにしてしまうと、相手の気持ちを考えられなくなっている状態になる。

     

    相手が何を求めているのか、そのことを考えるだけで今の自分が本当にやらなければいけないことが見えてくる。

     

    逆に、相手のことを考えず、自分のやりたいことだけを優先させてしまうと、その場が上手くいかなくなるだけでなく、次の機会もなくなってしまう。

     

    自分の気持ちを優先させてしまう原因は、普段の緊張状態から逃げる意識などで相手のことよりも自分のことを考えてしまうことが原因だ。

     

    相手の気持ちを思い、自分の感情を押し付けない気持ちを持てれば、その場の雰囲気が悪くなることもなく、結果として自分が緊張状態になることもなくなる可能性が高くなる。

     

    緊張状態にしてしまい、話すことが難しくなる雰囲気作りの全ての原因は自分にあるということを理解すれば、何をするべきなのかが見えてくる。

     

     

    得意分野を伸ばす

     

    『苦手な事を克服するというのは、一見素晴らしいように思える。でも限られた時間の中で仕事の成果を上げることを目的とするならば、苦手なことは潔く諦めるというのもひとつの選択肢だと私は思う。そしてあきらめることで、新たに別の道が開けてくることがあるのだ。』と本に書いてある。

     

     

    自分が出来ないことに対していつまでも繰り返しやっていても、できるようになるには時間がかかってしまうこともある。

     

    それを克服しなければ人生を前に進ませることが出来ないのであれば、できるまで繰り返し続けなければならないが、違う道に進んだ方が効率が良い場合もある。

     

    吃音症のように、直すべき事は繰り返していく必要があるが、ほかの自分がやりたいというだけで繰り返していることは時間の無駄になってしまっている場合もある。

     

    違う道ならもっと上達していた可能性があるのに、最初に決めたことだからと言って、自分本位に繰り返し同じことをしてしまってきたことは自分にも何回もある。

     

    人と比べてしまったり、置いてかれたくないと思って同じことをしてしまったりと、自分と向き合う前に、周りと比べてしまうことが原因になっている。

     

    本当に自分がやるべきことは何なのか、大事なことは何なのかを考えることが重要な事を理解しなければ、今後も時間を無駄にしてしまう可能性があることを忘れてはいけない。

     

    自分本位な感情に支配される前に、何をするべきなのか客観的に自分自身を見ていくことが必要になる。

     

     

    自意識過剰が人目を気にする原因

     

    人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』には、人の評価というのは、正しいのだろうか。そもそも、その『人』というのは、一体誰のことだろうか。とある。

     

     

    人の目線を気にしてしまい、体が緊張状態やその場のマイナス思考に支配されてしまうから、できるだけ人目を集めないような行動をすることが必要なのに、逆の人目を集めるような異常行動をしてしまっているのが現状にある。

     

    人の目線で緊張状態になり、ジャックされるという悪循環があるのにも関わらず、その原因になることを自分自身で作ってしまっていることを意識していかなければこの状況が改善されていくことはない。

     

    ただ、今までこの自分自身の行動を改善することができずにいて繰り返してしまっているので、行動を改善することよりもまずは、何で気にする必要があるのか、気にしてしまうのかという意識を変えていくことをするべきだ。

     

    もう、二度と会わないであろう人の目線を気にする必要がどこにあるのか、気にしてしまうことを繰り返している現状で何も変わっていないということを理解すれば、気にする必要がないことは簡単にわかるはずだが、いざその場面になった時に冷静に考えられないから繰り返してしまう。

     

    周りの反応を気にすることで、自分自身が変わっていっているのであれば、周りを気にしていくことは正しい、自分を変えるために必要なことだ、ということになるが、変えることができないのであれば、気にすること自体が間違っていることになる。

     

    今までしてきたことだからという、染み付いた考えの可塑性に従ってしまい、間違っている行動を繰り返している時点で正しい方向に進めていないことを理解する必要がある。

     

    気にしないことが正しいという、新しい考えの可塑性を作っていくことが、自分を変えていくためには必要なことだと意識していくことが、正しい方向に向かう考えの可塑性ができるようになっていく。

     

    支配されてしまうような場面でも、常に今までしてきた考え、行動とは別の方向の考えを染み付かせていくように、どんな場面でも意識していくことが重要になる。

     

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP