あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

社交不安障害と併発する可能性の高いうつ病。その対策と注意するべき初期症状とは?

 

 

目次

 

  • 1:不安や緊張との付き合い方と自覚について
  • 2:うつ病を克服していくための生活習慣
  • 3:パニック障害の場合はいちじるしい身体症状がある
  •  

     

    併発する可能性のあるうつ病の初期症状

     

    『うつ病との診断がない場合でも、軽いうつ状態を含めると、社交不安障害の人の半数近くはうつ状態を併発するとも言われています。全身がだるい、朝起きるのがつらい、家を出ようとすると嫌な気持ちになるなどという症状を頻繁に感じると危険です。早期発見して、早期に治療すると必ず良くなっていきます。改善して自身が持てれば、行動範囲も広がっていくでしょう。』と本に書いてある。

     

    あがり症だと、人前に出るのにためらうようになり、その気持ちが大きくなってしまうと家を出ようとすると気分が落ち込み、やる気が起こらないという、精神的に気持ちが落ち込む方向に向かってしまう。

     

    一つ、精神的に落ち込むきっかけを作ってしまうと、それに併せて、朝起きるのがつらい、全身がだるくなる、などというマイナスに支配されてしまうような生活習慣が起きてしまうことにつながる。

     

    生活習慣の改善をして、バランスを崩さないことが、新たな症状や、現在の状況を悪化させないために必要なことで、逆に悪化しない方法をとることが、改善するためには必要な行動をしていることにもなる。

     

    新たな症状があるのではないかと考え、意識してしまうと、そっちの方向に向かって言ってしまい、新たな症状に支配されるという悪循環に向かってしまうことが、自分の中で昔からある癖だ。

     

    自分に似たような症状などがあると、そうでもないのに当てはめるという、疾病利得の考えが心のどこかにあるから、自然と改善ではなく病気の方向に向かってしまう場面がある。

     

    この意識をなくし、逆に、今まで症状に気にならなかったから、自分には当てはまらない、病気ではないという方向から考え、ポジティブな意識を持つような考え方に変えることが必要になる。

     

     

     

    うつ病を克服していくための生活習慣

     

    『うつ病やパニック障害になると、悲観したり自殺願望が大きくなってしまったりする人もいるので、心療内科や精神科の受信が必要になります。薬物療法とともに、心理療法や生活指導が必要です。その人の症状にもよりますが、一週間の日記を作成し、体を動かしていくことが必要です。そして、体を使う行動や規則正しい生活、などが必要になります。そのほかにはリズム運動、食事をしっかり取る。』と本に書いてある。基本的に、うつ病を改善するために、脳のコントロールが必要になるので、セロトニンを活性化させる習慣と同じようなものが並んでいます。

     

    うつ病もあがり症も、吃音症も、簡単に考えるのであれば、脳の働きのコントロール不足が原因になっているので、セロトニンを生成させる生活習慣に改善させていく必要がある。

     

    どんな問題にでも共通していることは、生活習慣を改善することで、その中には早寝早起きや、体を動かすことなど、昔は当たり前にやってきていたことが組み込まれている。

     

    昔は当たり前にやっていたことだから、意識することなく生活していても大きな問題にはならなかったが、今は、これらを意識していかなければ、なかなか行動に移していくことはできなくなっている。

     

    自分の体について関心がなければ、体を動かしたり、食生活を気をつけたりという、根本的な改善に必要な行動について考えることがなくなっていく。

     

    自分自身が勝手にバランスを崩したり、本当は必要なことを継続させられなかったりと、脳の不安定さが原因になっているので、結局、セロトニンが足りなかったりする事が積み重なり悪循環になっている。

     

    この悪循環から抜け出していくためには、結局自分自身でひとつずつの行動を意識していかなければいけないので、繰り返しになるが、自分に対して甘くなったり怠惰することなく、自己管理が必要になっていく。

     

     

    パニック障害の場合はいちじるしい身体症状がある

     

    『うつ病の他に、併発しやすい病気にパニック障害もあります。パニック障害は、予期せぬ時にパニックを起こすのが特徴で、命の危険を感じるような発作を繰り返します。社交不安障害の症状は対人場面での症状で、ひとりの時は起こりませんが、パニック障害は突然、ひとりでいるときでも身体症状が起こります。不安が高まる状況でも発作が起こるので、社交不安障害と区別しにくい状態になることもあります。』と本に書いてある。視野を広げて、自分の症状を正しく把握することが必要になると思います。

     

    一人でいる時にでも、不安を感じるという人は多いと思うが、それに伴って発作が起こるということはあまりない。/p>

     

    不安を感じたとしても、一人の時ではそれが生活に影響するとは感じにくく、対人の場合は自分からのアクションが必要になるため不安が原因の影響を感じやすくなっている。

     

    対人の時に影響があるのであれば、一人の時に感じる不安が生活に影響がないとは言い切れず、逆に何らかの影響があると考え、その部分に目を向けていくことがどんな場面でも平常心でいることにつながっていく。

     

    大量の汗をかいたり、息が詰まるという、誰でも感じる感覚がパニック障害などにつながっていく可能性があるので、そのタイミングを自分自身で理解することが必要になる。

     

    自分の体の反応を、自分自身で理解する事が、症状改善につながっていくので、体の反応に目を向けることが悪化させないことにもなる。

     

    悪化する前に前始末をするにしても、改善させるにしても、自分を知ることが、どういった方向に進めばいいのか考えることにもつながる。

     

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP