あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

緊張する場面を回避する生活パターンとは?悪い習慣が染み付くとあがり症が悪化する原因になる。

 

 

目次

 

  • 1:緊張状態の回避
  • 2:社交不安障害の症状
  • 3:不安や恐怖を回避
  •  

     

    緊張状態の回避があがり症を悪化させる

    この社交不安障害は緊張してうまく話せずに笑われた、初対面の人との会話がスムーズにできなかったなどの、失敗体験がきっかけになる人が多いようです。そして、その時から少しずつ緊張や震えを感じ、自分でも意識するようになってどんどん悪くなっていくのです。

     

    この障害はその場を回避する生活パターンで対処する人が多く、病気として認識されにくいため、慢性的に症状が出て少しずつ悪化していくのが多いと問題視されています。

     

  • [社交不安障害]Wikipedia
  •  

    参考書から抜粋

     

    この「慢性的に症状が出て少しずつ悪化していく」というのは自分の経験からでも、緊張する場面になると吃音症が出て、どもったり、言葉がスムーズに出てこなかったりするような、緊張してしまう場面には自分から行くことがなくなったり、避けるような行動を選択してきたので、吃音症が良くなることはなく生活してきた。

     

    緊張しない、リラックスしている場面で症状がでないことは当たり前のことなので、意識の中では緊張状態を回避したとしても、普通に話せているイメージが強くなり、悪化しているというよりも、良くなっていると勘違いしたイメージを持ってしまう。

     

    毎日決まった行動をとっていると、余計にこの思い込みが強くなってしまうので、少しでもこの普通に過ごせているというイメージを染み付かせないためにも、回避しない行動をとるようにして自分には症状があるんだ、というように理解させていくことが必要になる。

     

    普通に症状が出ない生活ができる行動に寄せていくと、それでも生活できているからこのままで良いと思ってしまうことがあるので、無理矢理にでも回避しないようにしていくためにやるべき事は、今のままではダメだ、ということを常に考え、思うことだ。

     

    回避しないという意識とともに、目の前にある緊張する場面の事を自分が成長するチャンスだと考えれることができれば、嫌だという考え自体がなくなり、回避する意識もなくなっていくはずだ。

     

     

     

    社交不安障害の症状は人それぞれ違う

     

    『「人前で上手に話すことができない、顔や体がこわばってスムーズに動けない、頭が真っ白になる、人とは普通に話せるのに電話の応対に不安を感じる、スピーチはできるのに人前で字を書こうとすると恐怖心から手が震えてしまう」と本にあるように、話すことだけではなく、体の一部に症状が出る場合もあるようです。』と本に書いてある。

     

    自分の場合は、体が緊張状態になったり、吃音の症状で吃ることはあるが、字が書けなくなるということは無い。

     

    こういった自分に当てはまる症状を見たり、それについて思えば思うほど、余計にそういった場面で症状が出たり、その場面を回避するような行動をとってしまうようになる。

     

    自分以外にも同じような症状で苦しんでいる人がいることを知れば知るほど、自分の症状もしょうがないんだと思うか、しっかり克服している人にも目を向け自分も直していけるんだと、周りか自分自身、どちらに目を向けるかという選択をするのかでその後の行動がかわっていく。

     

    回避する意識が染み付いている場合は、しょうがないと逃げるような選択をしてしまうが、改善していくためには、克服している人に目を向けその人から学ぶ意識を持たなければ改善する方向に向かうことはない。

     

    今までの経験を思い返しても、不安を感じると守るために逃げの選択をとりやすくなってしまったり、安心させるために同じような症状の人に目を向けることは、自分にとってその場の楽にしかなってこなかったので、不安を避けたり自分を安心させる行動が改善することにつながっていくことはほぼない。

     

    見たくないものを避ける考えではなく、全てを受け入れ、良い事も、悪い事も、全てが人生だという考えを持ち、目の前の出来事を差別しない意識を持つことが改善していくための一つの方法だ。

     

     

     

    不安や恐怖を感じる場面を回避することが症状悪化に繋がっている

     

    『「人間関係に対する安心感と防衛的な意識や競争心の相互関係がかたよったとき、社会不安が生じて、人が人に対して恐怖を感じるといわれています。社交不安障害の人は、安心感が持てず、不安や恐怖を感じる場面を回避することで対応することが多くなります。」と本にあるように、社交不安障害の人は安心感を持てないから回避する対応を選択するようになってしまう。』と本に書いてある。

     

    「安心感が持てず、不安や恐怖を感じる場面を回避する」という部分について考えてみると、自分で自分自身を安心させるための準備や行動を取ろうとしないから不安を感じてしまうわけで、そこには、周りに流され自分の気持ち、感情を自分自身でコントロールするという意識が持てていないことになる。

     

    周りに流されず自分の意思で行動していれば不安という感情から回避するというよりも、不安と付き合うという意識の方が強く持てている感じがする。

     

    この流されない行動が取れていないから、不安という感情とも上手く付き合っていくことができず、周りに流され自分の意思からも逃げ、結果として回避行動につながることになる。

     

    周りに流されることの愚かさを理解しなければ、自分にとって楽な選択、周りに合わせる、流されるという行動を繰り返してしまう。

     

    結局、意思を持った行動をしていかなければ、何に対しても逃げの意識が消えることがないので、流されることをなくしていき、安心感を持つための行動、不安や恐怖と付き合っていく意識を元に全ての時間を過ごしていくことが、回避するというマイナス意識をプラス方向に変えていくことにつながっていく。

     

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP