あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症や病気だと思い込んでしまう影響は?悪循環を繰り返す原因から改善が必要?

 

 

目次

 

  • 1:症状と必要な成功体験
  • 2:原因と思い込み
  • 3:人目と緊張
  •  

     

    あがり症の症状と必要な成功体験とは

    自己紹介をするときや仕事でプレゼンテーションをするときなどに、緊張してしまい手がブルブル震えたり足がガクガクしたりする人がいます。声がうわずって何を話そうとしたのかわからなくなったり、頭が真っ白になってしまう人も少なくないでしょう。・・・人前では手が震えて字が書けない、電話には怖くて出られない、自分のお腹が鳴ることが不安で常に緊張している・・・そうした不安や恐怖をいつも抱えていて、意識すればするほど緊張する、というのが社交不安障害の症状なのです。

     

  • [社交不安障害]Wikipedia
  •  

    前途したようなさまざまな症状は、これまでその人の性格だと思われてきました。しかし現在「社交不安障害」という適切な診断がなされ、早期発見・早期治療を行えば治療ができることがわかってきたのです。薬の服用で、異常な緊張、不安、恐怖などは、コントロールすることができます。そして、成功体験を重ね、少しずつ自分に自信をつけることで薬の服用を卒業でき、社交不安障害を「治す」ことが可能になったのです。

     

    参考書から抜粋

     

    今までの自分であれば、「社交不安障害の症状なのです。」のように書いてあり、その症状に自分が当てはまると、「成功体験を重ね、少しずつ自分に自信をつけることで薬の服用を卒業でき、社交不安障害を「治す」ことが可能のように、治せると書いてあってもその部分を見て見ぬふりをして、そのままでいいんだと思ってしまうことがあった。

     

    この考えが残っていると、すぐに逃げの意識が働き、一歩一歩前に進み、成功体験を積み重ねていく、とは逆の行動になってしまう。

     

    成功体験を積み重ねる為には目の前のことに向かわなければいけないわけで、そこから目を逸らす=緊張から逃げてしまう行動になり、少しでも緊張に向かうという選択肢を取らない意識が染み付き、悪循環から抜け出し、前に進むことができずにいた。

     

    自分の中で治していかなければいけない、という意識が出てきたことで、実際に治すための行動がとれていなかったとしても染み付いている緊張から逃げるという意識を取り除くことにつながっている。

     

    染み付いた意識の中から逃げるという選択肢をなくし、周りからの助言がない状態、自分の意識だけで向かう状態にするために、自分にとって都合のいい部分だけを見るのではなく、今まで見て見ぬふりをしてきていた現実を見つめることが重要になる。

     

     

    社交不安障害の原因と思い込み

     

    『あがり症、社交不安障害の症状では、社会人になり、一日中パソコンに向かっているのでホッとしたや、逆に社会人になり、挨拶など人前で話さなければいけない場面が増え気が動転してしまう、ということがあり、人付き合いや人間関係の構築がうまくできないという問題をかかえる人もいるという例を出しています。』と本に書いてある。

     

    これは自分も気が動転してしまうような場面は何回も繰り返しているが、経験してきたことを思い出すと、自分自身の行動を直す前に、人目を必要以上に気にして、自分で自分を緊張状態に追い込んでいたり、前もって準備をしていなかったり、話すことがわからない、何も話すことがない、など準備をすれば多少防げることも多くあったはずなのに、その場で楽をする選択をしてきたから、本番でそのツケを返すことになっていた。

     

    人付き合いや話すことなどを苦手と決めつけ、思い込み、自分からその場を避けるようにしているから、準備をせずに、本番で自分自身を困らせることを繰り返してしまう。

     

    積極的に、話すことや人付き合いを克服しよう、楽しもうと思えていれば、本番に居る相手のことを考え、準備を進んでするようになっていく。結局、自分本位で相手の気持ちを考えられていないということが色々な場面で自分の足を引っ張っていることになる。

     

    人付き合い以外でも、自分が楽になる方向に考えがいってしまうのは、自分本位という根本の部分が改善されていないことが原因になっているので、全ての場面で自分本位になっていないかを第一に考えることを体に染み付かせるように繰り返し意識していくことが重要だ。

     

     

    周りの目線を意識することで自ら緊張状態にしてしまっている

     

    本には、『「相手が自分をどう思っているか」を気にするのは、日本人の特徴だと言われています。・・・本来、緊張して顔が赤くなるのは珍しいことではありません。しかし、そうなってしまう自分を強く恥じるところが苦悩の種なのです。とあり、誰でも緊張することはあるが、その状態をどう捉えるかの違いで悪循環になってしまう。』と本に書いてある。

     

    この、相手がどう思っているか、周りからどう見られているのか、ということは、常に自分でも改善しなければいけない問題になっている。

     

    人の目線を気にすることにより、平常心でいるときの行動が取れなくなってしまっているのに、一度意識してしまうと、この目線を気にする~緊張状態になる、という悪循環を繰り返してしまう。

     

    二度と会うことがないと思うようにしても、そう思うようにすること自体が意識を悪い方向に向かわせてしまうので、間違っていたらどうしようや、周りにどう思われているだろうかを気にしながら行動するのではなく、間違っていたら正せばいいと考え、いちいち行動に躊躇することがないように考え方を変えていくことが必要になる。

     

    間違えた自分を恥ずかしく思って緊張状態になるから話さなくなってしまったり、話す場面で初めから緊張状態を作ってしまっているのは、結局、間違えないようにするという部分に怠惰があるのが問題だ。

     

    この目を向ける部分を直さなければ、いつまでたっても自分から話すという行動がとれなくなり、意識に染み付いている、話さない、怠惰するという楽な行動をとってしまうことになる。

     

    結局、あがり症だと思ってしまうことも、原因になっていることも、緊張状態にしてしまうことも、自分本位に物事を考えてしまっている部分を改善していくことが重要になってくる。

     

     

    参考書

     

     

    関連記事

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP