あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

あがり症と吃音症

 

改善されない原因となっている2大原則

※どちらも根本には自分が楽になりたいという気持ちがある

 

  • 【先に克服する項目】管理されたい願望
  • 被害者になりたい願望
  •  

     

    常に持つ意識・考え方

  • 楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る。
  •  

    孔子は、一人一人が利他的になり、礼を重んじて徳を積み、仁を得ることが出来れば、この世に法律や刑罰などは必要ないと考えた。儒教の考えは『徳』による支配の為、支配者がしっかりしていれば法律など必要ないと説いている。

     

  • 徳による支配
  •  

    しかし、それに異を唱えたのは韓非子である。人間は孔子の言うような高潔な存在ではない。『利己』に走り、損をすることを回避しようとする。それが人間の本性というものである。従って、法律によって刑罰を整えれば、人はそれを回避しようとして、犯罪を予防できる。法さえ完備していれば、国の秩序は保たれるとして、法の重要性を説いたのだ。

     

    韓非子

     

    記事一覧

     

  • あがり症や病気だと思い込んでしまう影響は?悪循環を繰り返す原因から改善が必要?
  • 緊張する場面を回避する生活パターンとは?悪い習慣が染み付くとあがり症が悪化する原因になる。
  • 自意識過剰があがり症の原因になる不安や恐怖の感情を強くしてしまう理由とは?
  • 不安や恐怖と脳の関係。その感情をコントロールするためには自分自身と向き合う事が重要!
  • 社交不安障害の種類と症状を理解して、改善する方向に向かう方法とは?
  • 緊張する場面と精神面(メンタル)の関係。自己コントロールをするためにやるべき事とは?
  • 平常心を保つために必要なセロトニン神経。増やすためには生活習慣を改善する事が必要!
  • 吃音症やあがり症に関係するドーパミンとノルアドレナリンの働きとは?
  • あがり症や吃音症と関係のある社交不安障害。その治療法と不安や緊張に対する考え方とは?
  • 社交不安障害と併発する可能性の高いうつ病。その対策と注意するべき初期症状とは?
  • あがり症を性格と思い込む危険性とは?苦手な場面を自然に避け、それが当たり前になる可能性がある。
  • 不安や恐怖の感情と付き合い方は?弱点を認めて目を逸らさないでいることが大事になる!
  • 規則正しい習慣で脳の活性化・セロトニンを分泌させる意味とは?習慣を正していくことであがり症や不安の症状は改善される!
  • あがり症の原因となる弱い心、怠惰に目を向け、自身の行動を責める前に前始末できることを探してみる。
  • あがり症・吃音症の表面的な症状を気にするのは自分だけ。思っているほど周りは気にしていない。
  • あがり症だからといって出来ることに制限をかける必要はないが、楽な選択をしないことが重要だ。
  • 楽な選択をして脇道に逸れるのではなく、目標に直接向かっていくことが重要だ。
  • 周りにどう思われているのかを気にして、あがり症の状態になる前に、今何をすべきか見極めることが大事だ。
  • あがり症による話ベタを無くすためには相手(周り)の事を知っていくことが必要だ。
  • 話すことが苦手で、あがり症だと思い込むのは、自分が傷つきたくないという自分本位な考えが原因だ。
  • 気持ちを安心させるだけの行動は、根本的なあがり症の改善にはならない。その場の自分が楽になるだけ。
  • 苦手な場面を減らすための行動をすることが、長く話すというあがり症のデメリットを出さないために必要なことだ。
  • ネガティブな感情であがり症などマイナスな症状をださないためには考え続けて気持ちをポジティブにすることが必要。
  • 過信や思い違いをなくすことが、とっさの時でもあがり症の原因になる焦りや緊張を出さないために必要なことだ。
  • あがり症を防ぐために自分自身を飾ろうとすることは、原因解決になることはない。
  •  

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP