あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症、内気、回避性人格障害、社会恐怖。自分は一体どれ?

 

質問

社会恐怖って、あがり症、内気、回避性人格障害と比べてどう違うの?

 

答え

社会恐怖はこの中では最も深刻な精神病です。下記の比較を見ればわかります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

社会恐怖はとても深刻だよ!どらくらい深刻かというと、下記を見ればわかるよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

  • あがり症
  • 内気
  • 回避性人格障害
  • 社会恐怖
  •  

    社会不安には大きく分けて4つのタイプがあるが、その中で最も重い精神疾患である『社会恐怖』と比べ、自分はどれに該当するか。チェックしたい。

     

    参照:『他人がこわい あがり症・内気・社会恐怖の心理学』(紀伊国屋書店)

     

     

    あがり症

     

  • (上)あがり症
  • (下)社会恐怖
  •  

    あがり症?それとも社会恐怖?(人前で話をする場合)

    あがり症対策

     

  • その状況に置かれる直前に、強い不安を感じる
  • その状況に置かれるずっと前から、非常に強い不安を感じている
  •  

  • いざ話し始めてみると、以外にも不安がすぐにおさまってくる
  • 話初めても不安はおさまらないし、さらに強くなることもある
  •  

  • たとえ不安があって、気づまりを感じていても、とりあえず話し続けることはできる
  • 不安のせいでパニックに陥ってしまい、話が出来なくなってしまう
  •  

  • 話し終えた後は、気持ちが楽になる
  • 話し終えた後は、恥ずかしさを覚える
  •  

  • その後は、すぐにいつも通りに戻る
  • その後は、へとへとに疲れ切ってしまう
  •  

  • 同じような状況で話をする機会が増えると、不安は少しずつやわらいでいく(習慣化)
  • 同じような状況で話をする機会が増えても、不安が和らぐことはなく、むしろ高まっていく(過敏化)
  •  

    ニワトリ

    あがり症と比べると社会恐怖は、『継続して恐怖している』っていうことがわかるね!その場だけじゃなく、ずっと続くっていう状態なんだ!これは大変なことだね1

    ぴよぴよ(あがり症がかわいく見えるっす)!

     

     

    内気

     

  • (上)内気
  • (下)社会恐怖
  •  

    内気?それとも社会恐怖?

    あがり症対策

     

  • 他人から無視されるのが怖い
  • 他人から侮辱されたり攻撃されたりするのが怖い
  •  

  • 他人に自分の存在を受け入れてもらいたい
  • 他人に自分の存在を忘れてもらいたい
  •  

  • 初対面の時に気後れを感じるが、何度か会っているうちに少しずつ不安がおさまってくる
  • 何回あっても不安はおさまらず、むしろ逆に高まっていく『親しくなっていくにつれて、自分の本質を見抜かれるのが怖くなってくるため)
  •  

  • たくさん人がいるところでは気後れを感じる
  • たくさん人がいるところではパニックに陥る
  •  

  • 仕事やパフォーマンスを低く評価されると失望を感じる
  • 仕事やパフォーマンスを低く評価されると恥ずかしさを感じる
  •  

  • 人付き合いをしたい気持ちが、失敗を恐れる気持ちを上回っている
  • 恥をかくのを恐れる気持ちが、人付き合いをしたい気持ちを上回っている
  •  

  • 人前で不安を感じると、おどおどしてしまうので、他人の目が気になる
  • 人前で不安を感じると、動揺を隠そうとするため、自分のことにばかり気が取られる
  •  

  • 他人に親しげに接してもらえると、安心する(『自分のほうから近づいていかなくてもいいんだ』
  • 他人に親しげに接してもらえると、困惑し、不安を感じる(『これは本心なのだろうか?』『いったいどうすればいいんだ?』)
  •  

    ニワトリ

    他人に自分の存在を忘れてもらいたいとか、恥をかくのを恐れる気持ちが、人付き合いをしたい気持ちを上回っているとかに、社会恐怖のむずかしさが出てるね!

    ぴよぴよ(内気がかわいく見えるっす)!

     

     

    回避性人格障害

     

  • (上)回避性人格障害
  • (下)社会恐怖
  •  

    回避性人格障害?それとも社会恐怖?

    あがり症対策

     

  • 自らの回避行動を正当化する『自分が望まないからそうしないだけだ』、『そんなのはたいしたことじゃない』、『私はとても疲れているんだ』など
  • 自らの回避行動に罪悪感を感じる『避けるべきではなかったのに避けてしまったが、自分にはできるとは思えない』、『私はそれほど強くない』、『恥ずかしい』など
  •  

  • 他人に責任があると思う『それはあの人のせいだ』、『だって、あの人たちが心が狭くて、不親切で、不寛容なのが悪いんだ』など
  • 自分に責任があると思う『それは私のせいだ』、『私の努力が足りなかった』、『私が感情的になりすぎた』、『私が自分に甘すぎた』など
  •  

  • 自分の社会不安についてほとんど自覚がない
  • 自分の社会不安から生じる苦しみを自覚している
  •  

  • 自我同調性『私はこういう人間なのだ』
  • 自我異和性『私はこういう自分が嫌いだ』
  •  

  • 友人が少なく、用事がなくて出かけることがほとんどない
  • 何人かの友人がおり、用事がなくても出かけることはある
  •  

     

    『社会恐怖』の人達は、ごく普通の生活の中で、大地震に見舞われたり、飛行機のハイジャックに遭ったりするのと同レベルのストレスを感じている。

     

    あがり症対策

     

    もし自分が(そこまでの感覚はない)ということであれば、軽度な状態。『単なるあがり症』と思って、その状況にむしろ感謝してもいいぐらいだ。

     

    ニワトリ

    ごく普通の生活の中で、大地震に見舞われたり、飛行機のハイジャックに遭ったりするのと同レベルのストレスって、もう考えられないストレスだよね!もはや同じ目に遭った人にしか理解できないよ!

    ぴよぴよ(社会恐怖の怖さがわかるっす)!

     

     

    関連記事

  • 回避性パーソナリティ(人格)障害の診断基準からわかったこと
  • 社会恐怖(社会不安障害)障害の診断基準
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP