あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

あがり症の診断

 

 

回避性パーソナリティ(人格)障害の診断基準からわかったこと

社会的制止、不安感、および否定的評価に対する過敏性の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示される。

 

 

社会恐怖(社会不安障害)障害の診断基準

社会不安には、あがり症、内気、回避性人格障害、社会恐怖といった様々な段階がある。今回はそのうち、社会恐怖(社会不安障害)障害の診断基準について記載する。

 

 

あがり症、内気、回避性人格障害、社会恐怖。自分は一体どれ?

あがり症、内気、回避性人格障害、社会恐怖。社会不安には大きく分けて4つのタイプがあるが、その中で最も重い精神疾患である『社会恐怖』と比べ、自分はどれに該当するか。チェックしたい。

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

うつ病

うつ病

うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP