あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

あがり症克服講座とはどのようなもの?

 

質問

あがり症克服講座とはどのようなもの?

 

答え

人前で話すことの専門家が、発声練習から話の順序、相手に伝わりやすい話し方などを教えてくれる講座です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

あがり症を克服するために、あがり症克服講座を受講することを考えている人はいるよね!今回は、そのあがり症克服講座の概要について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

人前で話すのは、緊張して苦手だという人も多いでしょう。日常生活の中で、人前で話す機会がなければ問題がありません。ですが仕事で人前で話さなければいけない場合、非常に仕事が苦痛に感じてしまうはずです。そして人前で話す時には、動悸が早く異常に汗をかいてしまいます。

 

「こんなあがり症のままでは仕事が上手くいかないから、あがり症を克服したい」

 

そう思った時に、どのような克服方法があるのでしょうか?

 

 

目次

 

  • 場数を踏めばあがり症は慣れる?
  •  1-1:あがり症克服講座・話し方教室
  •  1-2:克服講座・呼吸法
  •  

    目次

     

     

    場数を踏めばあがり症は慣れる?

     

    人前で話す行為に緊張をしてしまうのは人前で話す行為が慣れていないから、場数を踏めばあがり症は克服できる、そんなふうに感じる人もいるかもしれません。

     

    確かに、軽度のあがり症で精神的にもタフな性格の人であれば、何度も人前で話すうちに慣れてきて、あがることもなくなる、というケースがないわけではありません。

     

    しかし、誰もがそれで克服できると思うのは間違いです。なぜなら、場数を踏むという克服法は荒治療で、逆効果であがり症が悪化する可能性も高いからです。

     

    あがり症対策

     

    なぜ悪化してしまうのかというと、人前で話した際に緊張して上手く話せず失敗をしてしまったと感じた場合は、次の機会で前回よりも人前で話すことが怖くなります。

     

    つまり失敗を重ねることでますます萎縮してしまい、あがり症の症状も悪化してしまうのです。ですから、特に完璧主義者や神経質な人は、無理に場数を踏んであがり症を克服しようと考えるのは止めた方が良いでしょう。

     

    ニワトリ

    つまりこの場合は『失敗体験の積み重ね』をしてしまうことの弊害についていっているんだね!普通はその逆で、『成功体験の積み重ね』をするべきだから、そうなると確かに逆効果だね!

    ぴよ(ふむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 場数を踏むという克服法は荒治療で、逆効果であがり症が悪化する可能性も高い。
  •  

     

    あがり症克服講座・話し方教室

    あがり症を克服するためにはどうしたら良いのかというと、何よりも自分に自信をつけることです。人前で話す時に緊張してしまうのは、失敗したらどうしようという不安が生じるからです。ですから、失敗しないように練習を積むことが大切です。ただし、いきなり場数を踏むというぶっつけ本番のようなことは止めましょう。

     

    練習とは、例えば最近は話し方教室などの講座が人気があります。人前で話すことの専門家が、発声練習から話の順序、相手に伝わりやすい話し方などを教えてくれる講座です。

     

    また講座の中では、実際にそのクラスの人前でスピーチの練習もするでしょう。スピーチは緊張すると思うかもしれませんが、そのクラスのメンバーは皆があがり症を克服したいと思っている仲間です。

     

    あがり症対策

     

    人が失敗したり、あがり症の症状が出て挙動不審になっても笑ったりはしません。そういう場でスピーチの練習をすることで、人前で話すことを少しづつ練習していくのです。そして練習をしていれば人前で話すことに少し自信がつき、あがり症の症状が改善されるというわけです。

     

    ニワトリ

    こうしたセミナーとか講習とか、グループ的なものに慣れていない人は壁を感じるかもしれないけど、やっぱり趣味が合う、話が合う、共通の何かがあるっていうのは、人間関係をかなりうまくいかせるよ!

    ぴよぴよ(共通点っていうのは、歯車の違う人同士がスムーズにいくために必要な、潤滑油みたいなもんっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • あがり症克服には、何よりも自分に自信をつけること。
  • 失敗しないように練習を積むことが大切。
  • あがり症克服講座のような場でスピーチの練習をすることで、人前で話すことを少しづつ練習していく。
  •  

     

    あがり症の克服講座・呼吸法

    あがり症の克服講座では、話し方教室以外にも呼吸法を学ぶことも効果的です。あがり症の症状で動悸がすると、脈が早くなります。しかしこれらの症状も、腹式呼吸をすることで改善されます。

     

    息を深く吸い込みゆっくりと吐き出すことで、気分を落ち着かせる効果があります。緊張したら深呼吸をすると良い、といわれるのはこのためです。深呼吸は、理論的に効果があるのです。

     

    あがり症対策

     

    ニワトリ

    激しい運動の直後、肩でゼエゼエと息をするのは間違っているんだ!実際は、そういうときこそ深くて長い腹式呼吸での深呼吸をするのが正解!ゼエゼエと息をした方が楽な気がするけど、『気がする』だけで、本当に酸素を行き渡らせるためには腹式呼吸がいいんだ!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 話し方教室以外にも呼吸法を学ぶことも効果的。
  •  

     

     

    関連記事

  • あがり症を克服する為の考え方。そもそもなぜ克服する必要があるのか
  • あがり症は成功体験の積み重ねによって克服することが出来る
  • あがり症の心理『あがっていると思われたくない』等の対策
  • あがり症を治す行動を取らなければあがり症は治らない
  • あがり症の理由の一つ『他人から見透かされる不安』
  • あがり症の理由の一つ『相手に気に入られたいという思い』
  •  

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP