あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

あがり症の克服

 

 

あがり症を克服する為の考え方。そもそもなぜ克服する必要があるのか

例えば営業で、ガツガツ攻めていく人間は、客側からすれば、うざい。押して駄目なら引いて、というように、あがり症的な内向的な人間だからこそうまく行くものもある。また、真面目な印象を与えるのは後者だから、ガツガツ攻めていく人間が必ずしもいいというわけではない。

 

 

あがり症は成功体験の積み重ねによって克服することが出来る

これらのことを『脳の可塑性(かそせい)』と言って、可塑性とは、固体に外力を加えて変形させ、力を取り去ってももとに戻らない性質のことを言うが、もっと簡単に言えば『カーナビ』である。

 

 

あがり症の心理『あがっていると思われたくない』等の対策

そう考えるということは、そこに『他人』がいるということだ。他人がいなければ、『思われたくない』という発想にはならない。ましてやそこに、自分の好きな人、好意を抱いている人、仲良くしない人などがいれば、尚のことそういう発想になるわけだ。

 

 

あがり症を治す行動を取らなければあがり症は治らない

あがり症を治す行動を取らなければあがり症は治らない。それは当たり前のことだと思うかもしれないが、当たり前ではない。例えば、目の前にあるお茶を手を伸ばして取る。それは当たり前だと多くの人は言うが、両腕がない人からすればそれは当たり前ではない。

 

 

フランスの哲学者ルソーもあがり症(社会不安)だった

『徒弟時代、私はよく菓子や果物を買いに行った。ところが菓子店の前にやってくると、店の女たちに笑われているような気がしてどうしてもなかに入れない。果物店の前でもそばにいる若本達にじろじろ見られているようで、思い切って買う勇気が出ないのだ。』

 

 

あがり症の理由の一つ『他人から見透かされる不安』

『自分が欠点だと感じていること』を相手に見透かされてしまうのではないかと、不安になってしまうのは、あがり症の人に限った話ではないだろう。

 

 

あがり症の理由の一つ『相手に気に入られたいという思い』

上記リンク先の記事と併せて考えればわかるが、『理想が高い』というよりは、『自意識過剰』なのである。理想が高いと言った方が、本人たちの慰めになるかもしれないが、傍から見れば後者だ。

 

 

あがり症克服講座とはどのようなもの?

人前で話すのは、緊張して苦手だという人も多いでしょう。日常生活の中で、人前で話す機会がなければ問題がありません。ですが仕事で人前で話さなければいけない場合、非常に仕事が苦痛に感じてしまうはずです。そして人前で話す時には、動悸が早く異常に汗をかいてしまいます。

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

うつ病

うつ病

うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP