あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

あがり症の改善

 

 

あがり症に大きな影響を及ぼすセロトニンという脳内物質とその役割

あがり症(SAD社会不安障害)の人は、脳内で『セロトニン』が不足している。これはうつ病と同じだ。これは脳内物質の名前だ。そうした脳内物質を、4、5個覚えておく必要がある。まず覚えておかなければならない3大物質がこれだ。

 

 

あがり症の改善のカギ。『セロトニン』のカギを握るL-トリプトファン

あがり症のカギを握るのはセロトニンだ。『あがり症に大きな影響を及ぼすセロトニンという脳内物質とその役割』に詳細を書いた。

 

 

社会不安の人が受けやすい誤解(あえて装う別人格)

社会不安の一つ、社会恐怖の人が受けやすい誤解として、周りから『攻撃的な人間』だと思われることがある。それは、自分の無知さ、無力さを人に晒すことが出来ずに、あえて『乱暴者』を装い、カモフラージュする。擬態するのだ。

 

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

うつ病

うつ病

うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP