あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウを自分のものにする

あがり症(SAD社会不安障害)対策のノウハウへようこそ


人前に出ると緊張するいわゆる、あがり症は、単なる性格の問題であり、一時的なものであると長年認識されてきた。しかし、近年あがり症は、『社会不安障害(SAD)』という病気であり、治療によって改善できる疾患であることが明らかになった。

 

 

こんな症状がある人はSADかも

あがり症対策

 

  • 人前で話すをするのが苦手
  • 注目を浴びると極度に緊張する
  • 人がいるところで電話をかけるのは苦痛
  • 初対面の人と会ったり話をしたりするのは怖い
  • 緊張すると体が震えたり、激しく動悸がしたりする
  • 人前では手が震えて文字が書けない
  • 緊張すると頭が真っ赤になったり真っ青になったりする
  • 自分でも緊張感や恐怖感が尋常ではないと感じている
  • 緊張感が強いため人前で食事ができない
  • 公共のトイレで用を足すことが出来ない
  • 人前に出ることをなんとしても避けようとしてしまう
  • 苦手な場面を避けようとして、仕事や社会生活に支障がある
  •  

     

    あがり症の様々な症状

    あがり症にはいくつか症状があって、

     

  • 1:スピーチ恐怖
  • 2:対人緊張
  • 3:視線恐怖
  • 4:赤面恐怖・発汗恐怖
  • 5:外食・会食恐怖
  • 6:書痙(しょけい)
  • 7:振戦恐怖
  • 8:電話恐怖
  • 9:腹鳴恐怖、排尿恐怖
  •  

    などが挙げられる。

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP